スキップしてメイン コンテンツに移動

携帯(スマホ)の買い替え

新規購、機種変更、キャリアの乗換え。

年末年始にかけて新たなスマートフォンにしようと考えている方も多いと思います。
そこで注意点と、手順をまとめておこうとおもいます。

1.最初に再確認すべきは、キャリアの再検討です。詳細は私の過去のブログのキャリアの項目を参考にして貰うとして、各社のサービスの特徴のまとめだけ書いておきます。

(1)ソフトバンク
携帯メール、Eメール、ビジュアルボイスメールの3つにフル対応。

(2)au
携帯メール、ビジュアルボイスメールの2つに対応。
Eメールは iCloud が利用出来るので、実用的には問題無し。
ただし、今の所通話とデータ通信を同時に行えません。
電話しながら、ネット検索したり、地図を見ながら落ち合う場所を電話で相談する、なんて事が出来ません。Wi-Fi の繋がる場所でなら出来ます。

(3)docomo
携帯メール、Eメール、ビジュアルボイスメールの3つとも現時点では対応無し。
ビジュアルボイスメールは、来春頃に対応予定と言う噂は聞きました。
携帯メールアドレスは付与されますが、Eメール扱い(ドコモメール)となります。

2.Apple ID の確認。
キャリアの乗換えが無い方は、ひとまず関係ありません。今迄お使いの ID をそのままお使い下さい。
今迄、iPod Touch などで ID をお持ちの方もそのままお使い下さい。
複数 ID の取得は、アップルの規約で禁止されています。

キャリアの乗換えを検討している方は、現在キャリアのメールアドレスで ID を作成していないか確認しましょう。
もし、キャリアのメールアドレスを ID にしている場合、乗換え前に、Google などのメールアドレスを取得(既に取得済みならば、わざわざ新たに取得する必要なし)し、以下のウェブサイトから手続きして、ID 用のメールアドレスを変更しておきましょう。


まだ、ID を取得していない方は、慌てずに、購入後に自分で取得して下さい。
購入の契約時に勝手にキャリアのメールアドレスで作ろうとする店員がいますが、必ず断って下さい。
詳細は、やはり私の過去のブログを参考にして下さい。

3.連絡先(電話帳)の移行。
これは99%の人が必要ですよね。
で、キャリアの変更の有る無しに関わらず、iPhone から iPhone への機種変(乗換え)ならば気にする必要はありません。
iPod Touch や、iPad をお使いで、その設定を継承したい方も同じです。

パソコンと Apple ID をお持ちならば、ガラケーからでも、Android からでも、予め電話帳を iCloud に移行出来ますから、乗換え手続きが終わった時には、電話帳(連絡先)も移行出来てます。

Apple ID をお持ちでない場合でも、iCloud への取り込みの手前までは準備出来ますから、自宅に戻ってすぐに(数分あれば)移行出来ます。

詳しい手順は、私の過去のブログを参考にして下さい。

iPhone(iOS)を使っている方は、バックアップと復元で、今お使いの環境をそのまま新しい iPhone に移行出来ます。
注意点は、移行されたら iPhone の名前を元の iPhone などとは変えておくこと。トラブルを未然に防げます。
「設定」「一般」「情報」で、変更出来ます。

契約変更などの手続き中(初期設定中)に、
Apple ID を要求されますので、そのまま ID を入れて下さい。(店員が勝手に作業しない様、予め「ID の入力画面が表示されたら、入力するので教えて下さい」と、伝えておきましょう。)
手続きが終わる頃には復元もほぼ終わっているはずです。
終わっていなくても、終わるまで店内で(Wi-Fi の範囲で)ウロウロしてましょう。

後、キャリアのEメールの設定をやり直せば(何故か、一括設定ファイルが上手く移行出来なかったりする事があるようです。)キャリアを変更していようが関係なく利用出来ます。
キャリアを変更した時は、キャリアの店員が、一般設定ファイルのダウンロードを手伝ってくれるはずですから、楽ですね。

4.アプリによっては、予め移行の準備をし、移行後の iPhone で再認証が必要なものもあります。
1台の機器からしか利用を許していないものとかです。
私が知っているのは、ヤマダ電機のアプリとか、LINE、Viber などです。
予め各アプリのウェブサイトで、確認しておきましょう。

コメント

  1. こんばんは。
    他の質問サイトで質問させていただいた者です。
    ご丁寧に返信ありがとうございました。
    iPhone5と5sと、iCloudは使用していませんでした。

    返信削除
  2. そうですか。
    どうしようかな?
    既に5Sも使っていて、その履歴もありますものね。

    連絡先もコピーしたいですよね?
    まずは、5のバックアップと同期からかな?
    まだ一度もバックアップしていないですよね?
    Apple ID はお持ちですよね?
    Wi-Fi の環境はありますでしょうか?
    両方ともあると仮定して、

    1.5の方の「設定」「iCloud」でお使いの Apple ID を入力してください。
    同期の設定がなされます。全ての項目で同期させてください。
    初めて iCloud を使うので、表示が出ると思いますが、必ず「iPhone の設定で iCloud を上書き」もしくは「両方をマージ」を選択してください。
    絶対に「iCloud の設定で iPhone を上書き」しないように。データが全部消えてしまいます。

    2.
    次に念のため iCloud の設定で、バックアップも作ってしまいましょう。
    「バックアップ」で「今すぐバックアップ」を選択してください。
    ネットが混み合っていると時間がかかることがありますけど、普通ならば数分からせいぜい10数分で終了します」

    3.iPhone 5S の名前を iPhone 5 とは別の名前にします。
    多分、今は両方とも単に「iPhone」と鳴っていると思うので、5Sの「設定」「一般」「情報」で適当(iPhone 5S で良い)な名前にしてください。

    4.5Sの名前を変えたらば、5Sでも iCloud の設定をします。
    今度は素直に iCloud のデータで上書きされるはずです。
    もちろん同期は全ての項目でオンにしてください。

    これだけで、連絡先は5の内容が5Sにも入ったはずです。
    今後はどちらかで連絡先を変更すると、もう一方にも変更が適用されます。

    5.写真の移動ですかね。
    Dropbox というアプリがあります。
    これはクラウド上(インターネット上)にデータ保管庫を用意してくれて、そこにデータを預ける仕組みです。
    勝手に他人が覗くことはできません。

    ここにデータを預けるわけですが、まずはアプリをダウンロードして、ユーザ登録をします。
    メールアドレスで登録するのですが、もしキャリアのメールアドレスしかお持ちでない場合は、先ほどの iCloud のメールアドレスを利用しましょう。キャリアのメールアドレスは変更されることがあるので利用しないほうがいいです。
    先ほど iCloud の設定を行い、メールをオンにした時に、新しくメールアドレスが取得できたはずです。
    そのメールアドレスを利用して Dropbox のユーザ登録をしてください。
    5と5S、両方とも同じユーザ登録で利用します。

    登録できたらば、5で写真を Dropbox にコピーできるようになります。
    コピーした写真は5Sからも見ることができるようになります。
    写真は iPhone に入れたままにするより、Dropbox に入れておく方が、万が一の故障などでも写真が残りますから、写真を撮影したら、適時 Dropbox へコピーしておくと良いでしょう。
    その上で普段必要でない写真は iPhone から削除しておくと良いです。

    まずはこんなところですが、理解できるでしょうか?
    わからない点はどんどん質問してください。

    返信削除
  3. こんばんは。
    早急な対応とてとありがたく思います。すみません。ありがとうございます!
    連絡先はショップの方に、FRIENDS NOTEというアプリでどうにか出来ると言われ、そちらは無事に移せました。
    問題なのが、ネット、Wi-Fiがない環境にあります。
    住んでいる家が、只今震災で仮設住まいでして、山の近くでまだ地域的に環境は良くありません。。
    元々田舎のため、そのようなのは遅いこともあるのですが。
    ですが、教えてもらったやり方でどうにかなるということです

    返信削除
  4. 文章が途中で消えたまま送ってしまいました、すみません。

    返信削除
  5. そして、リカバリーモードも早く脱却したいものです、、、

    返信削除
  6. 大変ですね。
    iPhone のトラブル位はさっさと片付けたいですね。

    申し訳有りませんが、経緯を時系列で並べて頂けないでしょうか?
    リカバリーモードになったタイミングなどによっては、アップルのサービスに対応して貰う必要があるかも知れません。
    また、5Sは、現状まともに使える状況にはなっているんですよね?

    返信削除
    返信
    1. 知識と理解力がなくてすみません。。
      iPhone5sからiPhone5にICカードを入れ替えて使用できると店員さんに言われたため、iPhone5で撮った大切な写真やムービーをそのままにして、機種変を済ませ、ICカードを入れ替えてみたところ、iP hone5の画面にiTunesのアイコンのマークが表示されるのみです。もちろん1枚の同じICカードの使用です。番号が変わることもないため、簡単に入れ替えて使用できると言われたので、大切な写真やムービーをメールでひとつひとつ送るよりは、と教えてくださいました。そんなに簡単な方法があるのだと思い、その大切な写真やムービーはパソコンにデータを送る前に機種変を行いました。というのも、iPhone5を以前ラーメンの中に落としたのですがら問題なく動いていたけど早めに機種変しておいた方が、すべてデータが消えてしまう前にイイなと思ったからです。

      削除
    2. それは店員さんも知っています。ソフトウェアというのですか?そのアップデート中だったところを、店員さんが中断しますねとのことで、機種変更が、行われました

      削除
    3. iPhone5sは今普通に使えております。
      そして、昨日Dropboxはインストールしてみました。インストールのみですが。

      削除
  7. 「ソフトウェアというのですか?そのアップデート中だったところを、店員さんが中断しますねとのことで、機種変更が、行われました」
    うーむ。殆ど店員がぶっ壊したのと同然ですね。
    通常リカバリーモードになったら初期化しか手がありません。
    つまり、iPhone 内の全てのデータは消えます。
    何の作業中か不明ですが、簡単に中断の判断が出来る状況だとは思えません。
    そもそも、店員ならば、状況からまずは動いている内にバックアップをさせなければいけませんね。
    機種変手続きなど後回しで良いのですから。

    ラーメンの中に落とした事から、お店に行って、話をし、何らかの作業中にそれを強制的に中断し、たぶんそこでSIMを抜いたのかな? 電源も切った?
    で、手続きが終わって、SIMを入れ替えたのは自宅に戻って? それとも店員の目の前で?
    そこで電源を入れたのかな?
    そしたらリカバリーモードになってた?
    その時の店員の反応は?

    ともかくその経緯を細かに、番号を付けて、箇条書きにして紙に書き出して下さい。
    誰が読んでも、流れが分かるようにして下さい。
    出来たら、コメントに書き込んで貰う方が良いかな? その後アップルに相談しましょう。

    基本的には、アップル(正規サービスプロバイダー)に対応して貰う必要があります。
    ただ、念のため5のリセットで、リカバリーモードから抜けられるか試して下さい。
    勿論箇条書きの最後にリカバリーの事も書き加えてからアップルに電話して下さい。

    リカバリー:
    ホームボタンとスリープボタンを同時に押し続けます。
    画面が消え、再びリンゴマークが表示されたら指を離します。
    そのまま起動するのを祈りましょう。

    5Sの方も、早急にバックアップしましょう。
    お近くにキャリアの無料 Wi-Fi があるお店はありませんか?
    iCloudの設定をしておき、Wi-Fi のある場所に行き、バックアップしましょう。
    転ばぬ先の杖です。
    この時は、先日書いた5の方の立場になります。
    必ず5Sの内容を、iCloud に上書きです。
    もう一度私のブログのバックアップの話を読み返して下さい。

    返信削除
  8. ありがとうございます( ; ; )
    店員さん…ちょっと苛立ちます。ラーメンに落としたわたしも悪いし、iPhoneを使いこなせていないのにiPhoneユーザーというのもイカンですね。
    やってみます。。。
    まず、神に書いてみますね。

    返信削除
  9. そうですね。
    アップルに相談するのに、ちゃんと時系列で話さないと混乱します。
    電話で話していると、自分でも順番がわからなくなることが結構ありますから、予め紙に書き出しておく方が、安全です。
    相手の方も、きちんと順番を追って話してもらえると、話が早く進みますからね。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

iPhone を日常使う上での注意(ちょっとした不具合を解消するには)

先日はバックアップの重要性について書きましたが、今日は日常の注意を書いて見たいと思います。
まずは充電の方法から。 皆さん、充電時にはどんなことに注意していますか?
充電は、できるだけバッテリーを使い切るぐらいまで行わず、できれば80〜90%で終了させましょう・・・・なんてやっていませんか?
以前にも充電について書きましたが、基本的には「気にする事は無い!」です。
好きな時に充電をし、好きな時に終えれば良いです。
上記の注意は「ニッケル系」のバッテリー、つまり市販の単三型などの充電式バッテリーについての注意です。昔はニッケルカドミウム、今ではニッケル水素のバッテリーですね。
これは、時々リフレッシュさせる必要があります(昔の人工衛星も年に2回ほどリフレッシュ運用というものを行っていました)。
しかし、現在携帯電話に使用しているリチウムイオン系のバッテリーでは其の様な事は必要ありません。
と言うより、ニッケル系の様なリフレッシュ運用はかえってバッテリーの寿命を縮める(充放電回数を無意味に増やす)だけです。
バッテリー一般の注意である、充電中に熱を持たない様に注意する(寝る時に布団や枕に覆われた状態で充電するなど)こと、電子機器一般の注意である日向や暖房機の前に放置しない、などを守れば十分です。
何故かは良く分かりませんが、昔の iOS では充電時のマークが、稲妻マーク(充電中)とプラグマーク(充電器に接続されているが充電はされていない:充電は終了している)に分かれていました。
今は同じ稲妻マークだけですが、ひょっとしたらプラグマークになるとあわてて充電器から外そうとする人がいるのを懸念しての仕様変更かもしれません。
基本的に「充電器に接続されている」「Wi-Fi に接続されている」「スリープ状態にある」という三つの条件を満たしていれば、1日に一回「iCloud による自動バックアップ」が実行されます。
一番条件の揃いやすいのは就寝時ですよね?
つまり少なくとも寝る前に充電を開始して、朝まで放置しましょうというのがアップルの考え方。その間にバックアップしておきますよという事ですね。

さてその寝る前にあなたは何かしていますか? 私はほぼ毎日、寝る前には動作しているアプリを全て終了させています。
「何のため?」それは
「メモリを解放するため」です。 メモリを解放するアプリ…

Apple ID の変更方法

2017/06/10 :追記

Apple ID の変更方法が変更されました。
以下の最新情報をご確認下さい。

アップルIDの変更

Apple ID をキャリアのメールアドレスなどで作成し、その後にキャリアのメールアドレスを変更してしまい、困っている方が多い様です。
皆さん Apple ID に利用しているメールアドレスを変更すれば、iPhone に使用している Apple ID のメールアドレスも自動的に変更されるものと、勘違いしている様に思います。

また、Apple ID はキャリアのものと勘違いしているのか、キャリアを変更したのだから、Apple ID もそのまま、次のキャリアメールのアドレスになると思っている方も、おられるようです。

Apple ID はあくまでもAppleが発行するIDです。
キャリアとは無関係で、キャリアにそのIDに関する情報が渡ることもありませんし、キャリアの情報がAppleに渡ることもありません。

IDに使用するメールアドレスを変更したいのであれば、自分でAppleのウェブサイトで手続きする必要があります。

https://appleid.apple.com/ja_JP

にアクセスすると、「Apple ID を管理」というボタンがあります。
そこで、現在の(あるいは勝手に変更してしまう以前の)メールアドレスでログインし、手続きをします。
ここで、新しく利用したいメールアドレスを追加すると、本人確認のメールがそのメールに届くので、メールに記載されているURLにアクセスすると、承認されます。
メールアドレスが承認されると、そのメールアドレスをIDに登録し直せます。

最終的にIDのメールアドレス変更直前に、iPhone(該当 iOS 機器やMac 全て)の iCloud と iTunes & App Store から一度ログアウトしてください。
その際に、iPhone にデータを残す必要はありません。
新しいメールアドレスの ID でログインすればまた同期されてデータが戻ります。
残してしまうと、再同期の際に間違ってマージしてしまい、データが二重登録される可能性があります。
もっとも再同期の際に間違えて、iPhone の(何もない)データで、iCloud を上書きすると、全てのデータが失われるので、それよりはマシですけど。

なお、使用…

同期とバックアップ

どうも iPhone や iPod Touch 、 iPad などで iTunes や iCloud との同期設定をきちんと行わず、バックアップなども行っていない方が多く居られる様です。
また、同期やバックアップすると、メールの設定や連絡先などのデータが無くなる、とかいうデマに振り回され、怖がっている方も多い様です。
そこで出来るだけ簡単に、その必要性とやり方を、書いておこうと思います。


まずバックアップの必要性。 これは何も言う事は無いはずです。
万が一 iPhone が故障したり、紛失したりした場合、このバックアップが無いと、全てのデータを失います。
バックアップが有れば、新しい iPhone でも、バックアップ時点の状態に戻せます。
バージョンアップ時も同じですし、新型への機種変の時も同じです。
バックアップが無ければ、初期状態から設定し直さなければいけません。
しかしバックアップを取った後に、受信したMMSメールや写真は、失います。
なので、出来るだけこまめにバックアップをする必要があります。
理想的には毎日行うことです。

次に同期。CDから iTunes に入れた音楽、逆に iPhone で購入した音楽、アプリなどは同期作業によって iPhone に入れたり iTunes にバックアップしたりします。
写真や動画なども同じです。
好きなものを持ち歩いたりするのであれば、同期は必要ですね。
同期の作業は、その始めのステップとして、バックアップを行いますから、バックアップのためにも、必要な作業となります。


現在は iCloud のサービスもあり、同期も重要項目です。
同期とは二つ以上のものを、同じ状態に保つ作業です。
現在の iPhone であれば、iCloud をその同期の中心にし、個々の機械(パソコンや iPhone )が同期を取ります。

iCloud は常に最新の状態が保たれます。
必要であれば、パソコンから iCloud のウェブサイトにアクセスして、利用することもできます。
しかしなぜか、iOS 機器からは、通常の iCloud のウェブ利用はできません。

連絡先などは、iCloud を利用する事で、グループ分けなどが簡単に出来ます。
こちらもなぜか iOS 上では、グループ分けの作業は出来ないのですが、iCloud で行ったグループ分けは利用出来ます。
ウェブサイト上で…