スキップしてメイン コンテンツに移動

格安SIM?

最近良く「格安SIM」と言う言葉を聞きます。SIMは、携帯電話の電話番号などを書き込んだ、小さな(電子カード)です。
単純に考えて、格安で携帯電話を利用出来るカードとなりますね。
確かにガラケーの最低利用料金と比べ、iPhone ひ始めとするスマートフォンは、最低料金がかなり高くなります。
この格安SIMの利用で、携帯電話料金を安く使えるならば、利用したくなるのは当たり前。
でも、ものの価格にはそれなりの理由が有ります。
ブランドもののバカ高い物から、お手頃価格、果ては百円ショップの物まで、それなりの理由があるからこそ、その値段になります。
では格安SIMはどうなのでしょう?



まず、なぜ安く出来るのか、その基本を考えてみましょう。

格安SIMはそのほとんどが、NTTドコモの携帯電話回線を使って通信しています。
つまり、膨大な数の無線基地局も、その回線を収容する電話局も自前で投資しないですみます。
一方NTTドコモは、元々税金で作られた、独占企業が民営化されたものですから、その様な回線の切売りのような事を、行う義務が課せられていますし、営業的にもメリットはあります。
でも格安SIMの会社も、そのままの差額だけでは、とても「格安」でSIMを提供出来ません。

格安にする為の工夫が、必要になります。

一番ポピュラーなのが、電話、SMS、携帯メールなどの携帯電話本来の機能を捨て、データ通信に専念するものです。
つまり、スマートフォンがスマートフォンでなくなって、携帯情報端末としてしか使えなくなります。
まぁ最近は電話を使わず、Skype とか LINE、FaceTime などてしか通話しない人も居るようですから、あまり不便では無いのかも知れません。
後は、通信速度に制限を付ける事と、月々に使える通信量に制限をかける事。
こうして安くしているのですから、その点を良く考えて利用しないと、ただ不便になるだけです。
更に格安SIMの場合は、スマートフォン自体を自分で用意する必要が有ります。
これがまた厄介な事になります。

日本の携帯電話は基本的にSIMロックが掛かっています。

つまり自社のSIM以外は利用できません。
ドコモ系の格安SIMはスマートフォンから見ると、ドコモのSIMに見えます。
今はアップル直販でならばSIMフリーの iPhone が購入できます。
しかし、ソフトバンクやauから購入したスマートフォンでは、ドコモ系の格安SIMを利用できません

ではドコモで購入したものは?
使えることは使えますが、電話とSMS(電話番号で送るショートメッセージ)はともかく、データ通信用のAP(アクセスポイント)はドコモと異なるので、APの設定をしてやる必要が有ります。
で、iPhone の場合、Apple が契約したキャリアの各種設定ファイルはあらかじめiPhone の中に入っています。そして、SIMがセットされるとそのSIMに書かれているキャリアの設定ファイルを読みだして設定します。
これはSIMロックがかかっていようが、SIMフリーだろうが関係ありません。
該当キャリアのファイルが無ければ、APの設定画面が表示できますが、あると設定画面そのものが表示されません。
ドコモが iPhone の取り扱いを始めたのは iPhone 5Sからですので、 iPhone 5 にドコモのSIMを入れれば、アクセスポイントの設定画面が表示されますが、iPhone 5S にドコモのSIMを入れると勝手にAPが設定されてしまいます。
そのため格安SIMの会社では、自社のAP設定用のファイルを用意し、ユーザが自分でインストールして利用させています。

このことをよく考えてみてくださいね。
APを設定しないと iPhone のデータ通信はできません。
データ通信をするためには、格安SIMのキャリアのウェブサイトに iPhone でアクセスする必要があります。つまり、まずは Wi-Fi が無ければキャリアのウェブサイトにアクセスできず、データ通信の設定ができないということです。

これって、自宅に Wi-Fi が無いとかなり厳しい話になりますよね。

更に、ドコモでは携帯の契約なしにスマートフォンを販売してくれません。
日本の iPhone の販売では、二年縛りによる月々割という、割引があり、2年間利用すれば本体料金がかなりの割引で購入したのと同じ結果になります。
「実質0円」ってやつですね。
iPhone の場合、安い機種でも7万円程しますので、24ヶ月の分割ならば一月3千円ほどになります。

SIMフリーならばその金額を一括で払うことになりますが、キャリアから分割で購入すれば、その支払いはキャリアが負担してくれる形になります。
そう考えると、格安SIMを利用するための本体料金は以外と掛かる事になります。
自分の手持ちの古い機種の再利用であればこの料金は無視できますが、そうでなければたとえ中古であってもある程度のお金が掛かります。
中古の場合はバッテリーの交換などの修理費もある程度見込む必要がありますね。

キャリアの契約の場合、毎月の本体料金の支払い額と、月々割での金額が同じぐらいになりますから、二年経って本体料金の支払いが終わったと同時に月々割が無くなり、結局月々の支払額が変わらなくなります。
そこで機種変をすると、また月々割が復活するので、毎月の支払いはあまり変わらず新機種に乗り換えることができます。
つまり、2年毎に乗り換えながら利用すると、比較的新しいモデルをそこそこの料金で使い続ける事が出来ます。

格安SIMの場合、機種変更は好き勝手にできますが、その料金は自分で負担することになります。まぁ安く使いたいのですから、そうそう乗り換えをする気は無いのでしょうが、バッテリーなどは二年少々を目安に交換することも考えておく必要があります。

そんなこんなを考えると、格安SIMって本当に格安なの? って気がしてきませんか?
月々千円ほどでスマホが使えるって言いながら、電話(通話)のためにガラケーと二台持ちって人も結構います。
ガラケーの利用料金を上乗せしてもまだ安い?
本体料金を忘れちゃいけません。ガラケーの本体料金は月々に直すと千円ぐらいからかな?
それにスマートフォンの本体は月々安くても3千円ほど。
となれば、月々の料金ってスマートフォンの最低料金とどの程度の差?
普通にキャリアで契約しても、便利な割には格安SIMに対してあまり高くないって気がしてきませんか?

勿論2年使って、機種変した手持ちのスマートフォンに格安SIMを入れて使うのであれば話は全く違ってきます。
監視カメラとか、車でのカーナビ代わり、その他にも使い方が広がります。
今後の総務省のSIMフリー化に向けた指導がどのような形で展開されるのか見守りたいですね。
二年縛りで契約しても、二年使ったら手頃な値段でSIMフリーになれば面白くなりますね。


コメント

このブログの人気の投稿

Apple ID の変更方法

2017/06/10 :追記

Apple ID の変更方法が変更されました。
以下の最新情報をご確認下さい。

アップルIDの変更

Apple ID をキャリアのメールアドレスなどで作成し、その後にキャリアのメールアドレスを変更してしまい、困っている方が多い様です。
皆さん Apple ID に利用しているメールアドレスを変更すれば、iPhone に使用している Apple ID のメールアドレスも自動的に変更されるものと、勘違いしている様に思います。

また、Apple ID はキャリアのものと勘違いしているのか、キャリアを変更したのだから、Apple ID もそのまま、次のキャリアメールのアドレスになると思っている方も、おられるようです。

Apple ID はあくまでもAppleが発行するIDです。
キャリアとは無関係で、キャリアにそのIDに関する情報が渡ることもありませんし、キャリアの情報がAppleに渡ることもありません。

IDに使用するメールアドレスを変更したいのであれば、自分でAppleのウェブサイトで手続きする必要があります。

https://appleid.apple.com/ja_JP

にアクセスすると、「Apple ID を管理」というボタンがあります。
そこで、現在の(あるいは勝手に変更してしまう以前の)メールアドレスでログインし、手続きをします。
ここで、新しく利用したいメールアドレスを追加すると、本人確認のメールがそのメールに届くので、メールに記載されているURLにアクセスすると、承認されます。
メールアドレスが承認されると、そのメールアドレスをIDに登録し直せます。

最終的にIDのメールアドレス変更直前に、iPhone(該当 iOS 機器やMac 全て)の iCloud と iTunes & App Store から一度ログアウトしてください。
その際に、iPhone にデータを残す必要はありません。
新しいメールアドレスの ID でログインすればまた同期されてデータが戻ります。
残してしまうと、再同期の際に間違ってマージしてしまい、データが二重登録される可能性があります。
もっとも再同期の際に間違えて、iPhone の(何もない)データで、iCloud を上書きすると、全てのデータが失われるので、それよりはマシですけど。

なお、使用…

iPhone を日常使う上での注意(ちょっとした不具合を解消するには)

先日はバックアップの重要性について書きましたが、今日は日常の注意を書いて見たいと思います。
まずは充電の方法から。 皆さん、充電時にはどんなことに注意していますか?
充電は、できるだけバッテリーを使い切るぐらいまで行わず、できれば80〜90%で終了させましょう・・・・なんてやっていませんか?
以前にも充電について書きましたが、基本的には「気にする事は無い!」です。
好きな時に充電をし、好きな時に終えれば良いです。
上記の注意は「ニッケル系」のバッテリー、つまり市販の単三型などの充電式バッテリーについての注意です。昔はニッケルカドミウム、今ではニッケル水素のバッテリーですね。
これは、時々リフレッシュさせる必要があります(昔の人工衛星も年に2回ほどリフレッシュ運用というものを行っていました)。
しかし、現在携帯電話に使用しているリチウムイオン系のバッテリーでは其の様な事は必要ありません。
と言うより、ニッケル系の様なリフレッシュ運用はかえってバッテリーの寿命を縮める(充放電回数を無意味に増やす)だけです。
バッテリー一般の注意である、充電中に熱を持たない様に注意する(寝る時に布団や枕に覆われた状態で充電するなど)こと、電子機器一般の注意である日向や暖房機の前に放置しない、などを守れば十分です。
何故かは良く分かりませんが、昔の iOS では充電時のマークが、稲妻マーク(充電中)とプラグマーク(充電器に接続されているが充電はされていない:充電は終了している)に分かれていました。
今は同じ稲妻マークだけですが、ひょっとしたらプラグマークになるとあわてて充電器から外そうとする人がいるのを懸念しての仕様変更かもしれません。
基本的に「充電器に接続されている」「Wi-Fi に接続されている」「スリープ状態にある」という三つの条件を満たしていれば、1日に一回「iCloud による自動バックアップ」が実行されます。
一番条件の揃いやすいのは就寝時ですよね?
つまり少なくとも寝る前に充電を開始して、朝まで放置しましょうというのがアップルの考え方。その間にバックアップしておきますよという事ですね。

さてその寝る前にあなたは何かしていますか? 私はほぼ毎日、寝る前には動作しているアプリを全て終了させています。
「何のため?」それは
「メモリを解放するため」です。 メモリを解放するアプリ…

同期とバックアップ

どうも iPhone や iPod Touch 、 iPad などで iTunes や iCloud との同期設定をきちんと行わず、バックアップなども行っていない方が多く居られる様です。
また、同期やバックアップすると、メールの設定や連絡先などのデータが無くなる、とかいうデマに振り回され、怖がっている方も多い様です。
そこで出来るだけ簡単に、その必要性とやり方を、書いておこうと思います。


まずバックアップの必要性。 これは何も言う事は無いはずです。
万が一 iPhone が故障したり、紛失したりした場合、このバックアップが無いと、全てのデータを失います。
バックアップが有れば、新しい iPhone でも、バックアップ時点の状態に戻せます。
バージョンアップ時も同じですし、新型への機種変の時も同じです。
バックアップが無ければ、初期状態から設定し直さなければいけません。
しかしバックアップを取った後に、受信したMMSメールや写真は、失います。
なので、出来るだけこまめにバックアップをする必要があります。
理想的には毎日行うことです。

次に同期。CDから iTunes に入れた音楽、逆に iPhone で購入した音楽、アプリなどは同期作業によって iPhone に入れたり iTunes にバックアップしたりします。
写真や動画なども同じです。
好きなものを持ち歩いたりするのであれば、同期は必要ですね。
同期の作業は、その始めのステップとして、バックアップを行いますから、バックアップのためにも、必要な作業となります。


現在は iCloud のサービスもあり、同期も重要項目です。
同期とは二つ以上のものを、同じ状態に保つ作業です。
現在の iPhone であれば、iCloud をその同期の中心にし、個々の機械(パソコンや iPhone )が同期を取ります。

iCloud は常に最新の状態が保たれます。
必要であれば、パソコンから iCloud のウェブサイトにアクセスして、利用することもできます。
しかしなぜか、iOS 機器からは、通常の iCloud のウェブ利用はできません。

連絡先などは、iCloud を利用する事で、グループ分けなどが簡単に出来ます。
こちらもなぜか iOS 上では、グループ分けの作業は出来ないのですが、iCloud で行ったグループ分けは利用出来ます。
ウェブサイト上で…