スキップしてメイン コンテンツに移動

今一度、バックアップとか、データ移行に関する考察

最近知恵袋などを見ていても、データ移行とか、バックアップで迷っている人が多そうに感じたので、今一度整理してみようと思います。

バックアップの必要性

これは言うまでもないですよね?
iPhone の機種変更とか、本体交換修理で、今まで使っていた iPhone のデータを引き継ぎたいとか、それこそ故障でデータを失いたくないのであれば必要ですよね。

でも何故直ぐにサードパーティー製のソフトウェアに頼りたがるのでしょう?
まずは無料で、しかも iPhone の開発者であるアップルが提供する純正機能を利用した上で、より細かいところに手が届くサードパーティーのアプリを検討するのならば分かるのですけどね。

まずは、アップル純正のバックアップをきちんと行うことから始めましょうよ。
で、この純正のバックアップは2種類あります。

まず皆さんおなじみの iTunes(パソコン)によるバックアップ。
iTunes はCDなどから音楽を取り込みたいとか、オリジナルの着信音を作りたいとかであれば必須のアプリですね。

iPhone 4(iOS4)までは iPhone の使用にあたり、iTunes の利用は必須でした。
ですから購入時にインタネット接続できるパソコンを持っているか必ず聞かれたはずです。

そして、iCloud によるバックアップ。
こちらは iPhone 4s(iOS5)と同時に、それまで有料サービスだった「Mobile Me」のサービスが「iCloud」と名称を変え、無料で5GBのストレージ付きでのサービスになり、今度はこちらが iPhone 利用の上で必須の項目となり、パソコンは持っていなくても iPhone が利用出来る様になりました。

さて、iCloud によるバックアップと、iTune によるバックアップの違いはなんでしょう?

実はあまり無いんですね。
巷では、「完全なバックアップは iTunes でなければできない。」などという方がおられますが、そんな事はありません。
違いといえば、iTunes でのバックアップでは暗号化しないという選択肢がある程度。
暗号化しないと iPhone で設定している自動的に入力できるパスワードがバックアップされません。
これは普通は不便ですよね? となれば、暗号化するのが基本。であればどっちも一緒。

本当に同じなの?  って思った方。ある意味正解です。
というのは復元時にちょっと差が出てきます。

バックアップでは iPhone の中身が丸ごとバックアップされるという形になりますが、実は少々違っています。
特に iCloud の場合は全て丸ごとバックアップするとなると、データ量が多すぎて、通信回線を圧迫しますし、時間もかかり過ぎてしまいます。
iTunes でもバックアップに要する時間は短いほど楽でいいですよね?
ですから、iOS 本体とか、個々のアプリの本体はバックアップされません。
個人的な設定とか、データ(写真など)だけがバックアップされます。
で、iTunes の場合は、iPhone の同期で iPhone でダウンロードしたアプリが iTunes にコピーされます。

復元時にこの差が出てきます。
iTunes の場合は復元時に iOS 本体のバージョンを確認して該当するパッケージをダウンロードし、iPhone に復元します。そして、iTunes 内に保存されているアプリとデータを iPhone に復元します。
iCloud の場合は iOS 本体のダウンロードだけでなく、各アプリも App Store から再ダウンロードされます。もちろんデータもですね。
ですから復元に時間がかかってしまうのと、アプリはその時点で App Store にあるものがダウンロードされます。
つまりアプリは最新バージョンで復元されてしまいますし、何らかの理由で App Store から削除されたアプリは復元出来なくなってしまいます。
iTunes の場合は、App Store から削除されていても、iTunes に同期して保存されていれば復元可能ですし、意識的に古いバージョンを利用している場合も、iTunes 内の古いバージョンが復元されるので、勝手に最新バージョンにされてしまう事がありません。
そなるとバックアップも復元も早く出来るし、App Store から削除されたアプリも復元出来るし、やっぱり iTunes でのバックアップじゃなきゃって思いますよね。

でも、古いアプリを使い続けるって、特殊なケースだと思います。
普通はバグの修正とかもあるし、あえて古いバージョンを使う理由はあまりないですよね。

じゃあ、iCloud のバックアップに何かメリットがあるの? パソコンがなくても利用できるってことだけじゃないの?
実は自宅で Wi-Fi を利用できる方はには大きなメリットがあります。
それは「自動バックアップ」の機能です。
1.Wi-Fi に接続されている。
2.電源に接続されている(充電している)。
3.スリープしている(画面が消えている)。
この三つの条件をクリアしている時、iCloud の自動バックアップを設定していれば、1日一回自動的にバックアップしてくれるのです。
現実的には寝る時に充電器につないで朝まで放置というごく普通の使い方さえしていれば良いだけ。(バッテリーに悪影響などありません)
いつも明け方のネットワークが空いている時間帯にバックアップしてくれています。

普通の方は毎日パソコンに iPhone を接続してバックアップ・・・なんてとても面倒でやってられませんよね?
少なくとも私は嫌です。
で「マーフィーの法則」に従えば、バックアップを作成しようとした直前に故障したりするものです(笑)。
ですから、本当に万が一の事態でもデータを失いたくなければこの自動バックアップは必須でしょう。

その上で、古いアプリなども必要ならば、パソコンでも適時バックアップしておけば良いのです。
データはまず iCloud から復元。
その直後に iTunes でバックアップし、再度 iTunes で復元すれば、古いアプリがインストールされますから、最新のデータは iCloud から、古いバージョンや、App Store から削除されたアプリは iTunes から復元できるはずです。

だいたい「写真などのデータは大事だ! 子供の成長記録を失いたくない」などと言っている人に限って、一度もバックアップした事がなかったりします。
せめて他の方法で写真などをどこかにコピーしているならともかく、そのようなこともしないで、壊した途端「子供の写真だけでもなんとかしたい」と言い出すものです。

はっきり言って、

バックアップしていないものは二度と取り戻せない

と心得るべきです。
数万から数十万円掛ければ何とかなる事もありますが、なかなかそこまで出せないし、簡単な事でちゃんと保護できるのですから、やらない手はないですよね?

また、私の iPhone は64GB(128GB)だから、無料のサービスじゃバックアップ出来ない問いう方もおられます。
でも大容量の iPhone を買ったんですよね? そのお値段おいくらです?
月々にいくら余計に払ってます?
それなのにデータ保護のために月々 130円をケチるのですか?

転ばぬ先の杖として、月130 円がそんなにもったいないですか?
良く良く考えてみてくださいね。

バックアップなどの詳細な手順などは、過去のブログを参照してください。

追記:何がどうバックアップされているかに関しては、iOS のバージョンと共に少しずつ見直されています。
以下のアップルのサイトで最新情報を確認してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204136










コメント

このブログの人気の投稿

iPhone を日常使う上での注意(ちょっとした不具合を解消するには)

先日はバックアップの重要性について書きましたが、今日は日常の注意を書いて見たいと思います。
まずは充電の方法から。 皆さん、充電時にはどんなことに注意していますか?
充電は、できるだけバッテリーを使い切るぐらいまで行わず、できれば80〜90%で終了させましょう・・・・なんてやっていませんか?
以前にも充電について書きましたが、基本的には「気にする事は無い!」です。
好きな時に充電をし、好きな時に終えれば良いです。
上記の注意は「ニッケル系」のバッテリー、つまり市販の単三型などの充電式バッテリーについての注意です。昔はニッケルカドミウム、今ではニッケル水素のバッテリーですね。
これは、時々リフレッシュさせる必要があります(昔の人工衛星も年に2回ほどリフレッシュ運用というものを行っていました)。
しかし、現在携帯電話に使用しているリチウムイオン系のバッテリーでは其の様な事は必要ありません。
と言うより、ニッケル系の様なリフレッシュ運用はかえってバッテリーの寿命を縮める(充放電回数を無意味に増やす)だけです。
バッテリー一般の注意である、充電中に熱を持たない様に注意する(寝る時に布団や枕に覆われた状態で充電するなど)こと、電子機器一般の注意である日向や暖房機の前に放置しない、などを守れば十分です。
何故かは良く分かりませんが、昔の iOS では充電時のマークが、稲妻マーク(充電中)とプラグマーク(充電器に接続されているが充電はされていない:充電は終了している)に分かれていました。
今は同じ稲妻マークだけですが、ひょっとしたらプラグマークになるとあわてて充電器から外そうとする人がいるのを懸念しての仕様変更かもしれません。
基本的に「充電器に接続されている」「Wi-Fi に接続されている」「スリープ状態にある」という三つの条件を満たしていれば、1日に一回「iCloud による自動バックアップ」が実行されます。
一番条件の揃いやすいのは就寝時ですよね?
つまり少なくとも寝る前に充電を開始して、朝まで放置しましょうというのがアップルの考え方。その間にバックアップしておきますよという事ですね。

さてその寝る前にあなたは何かしていますか? 私はほぼ毎日、寝る前には動作しているアプリを全て終了させています。
「何のため?」それは
「メモリを解放するため」です。 メモリを解放するアプリ…

Apple ID の変更方法

2017/06/10 :追記

Apple ID の変更方法が変更されました。
以下の最新情報をご確認下さい。

アップルIDの変更

Apple ID をキャリアのメールアドレスなどで作成し、その後にキャリアのメールアドレスを変更してしまい、困っている方が多い様です。
皆さん Apple ID に利用しているメールアドレスを変更すれば、iPhone に使用している Apple ID のメールアドレスも自動的に変更されるものと、勘違いしている様に思います。

また、Apple ID はキャリアのものと勘違いしているのか、キャリアを変更したのだから、Apple ID もそのまま、次のキャリアメールのアドレスになると思っている方も、おられるようです。

Apple ID はあくまでもAppleが発行するIDです。
キャリアとは無関係で、キャリアにそのIDに関する情報が渡ることもありませんし、キャリアの情報がAppleに渡ることもありません。

IDに使用するメールアドレスを変更したいのであれば、自分でAppleのウェブサイトで手続きする必要があります。

https://appleid.apple.com/ja_JP

にアクセスすると、「Apple ID を管理」というボタンがあります。
そこで、現在の(あるいは勝手に変更してしまう以前の)メールアドレスでログインし、手続きをします。
ここで、新しく利用したいメールアドレスを追加すると、本人確認のメールがそのメールに届くので、メールに記載されているURLにアクセスすると、承認されます。
メールアドレスが承認されると、そのメールアドレスをIDに登録し直せます。

最終的にIDのメールアドレス変更直前に、iPhone(該当 iOS 機器やMac 全て)の iCloud と iTunes & App Store から一度ログアウトしてください。
その際に、iPhone にデータを残す必要はありません。
新しいメールアドレスの ID でログインすればまた同期されてデータが戻ります。
残してしまうと、再同期の際に間違ってマージしてしまい、データが二重登録される可能性があります。
もっとも再同期の際に間違えて、iPhone の(何もない)データで、iCloud を上書きすると、全てのデータが失われるので、それよりはマシですけど。

なお、使用…

同期とバックアップ

どうも iPhone や iPod Touch 、 iPad などで iTunes や iCloud との同期設定をきちんと行わず、バックアップなども行っていない方が多く居られる様です。
また、同期やバックアップすると、メールの設定や連絡先などのデータが無くなる、とかいうデマに振り回され、怖がっている方も多い様です。
そこで出来るだけ簡単に、その必要性とやり方を、書いておこうと思います。


まずバックアップの必要性。 これは何も言う事は無いはずです。
万が一 iPhone が故障したり、紛失したりした場合、このバックアップが無いと、全てのデータを失います。
バックアップが有れば、新しい iPhone でも、バックアップ時点の状態に戻せます。
バージョンアップ時も同じですし、新型への機種変の時も同じです。
バックアップが無ければ、初期状態から設定し直さなければいけません。
しかしバックアップを取った後に、受信したMMSメールや写真は、失います。
なので、出来るだけこまめにバックアップをする必要があります。
理想的には毎日行うことです。

次に同期。CDから iTunes に入れた音楽、逆に iPhone で購入した音楽、アプリなどは同期作業によって iPhone に入れたり iTunes にバックアップしたりします。
写真や動画なども同じです。
好きなものを持ち歩いたりするのであれば、同期は必要ですね。
同期の作業は、その始めのステップとして、バックアップを行いますから、バックアップのためにも、必要な作業となります。


現在は iCloud のサービスもあり、同期も重要項目です。
同期とは二つ以上のものを、同じ状態に保つ作業です。
現在の iPhone であれば、iCloud をその同期の中心にし、個々の機械(パソコンや iPhone )が同期を取ります。

iCloud は常に最新の状態が保たれます。
必要であれば、パソコンから iCloud のウェブサイトにアクセスして、利用することもできます。
しかしなぜか、iOS 機器からは、通常の iCloud のウェブ利用はできません。

連絡先などは、iCloud を利用する事で、グループ分けなどが簡単に出来ます。
こちらもなぜか iOS 上では、グループ分けの作業は出来ないのですが、iCloud で行ったグループ分けは利用出来ます。
ウェブサイト上で…